ワキガ対策で完治させたいなら!手術が一番なの?

ワキガで悩んでいる人は、対策方法は何でも取り入れたけれどよくならないと悩んでいる場合もあります。夜にクリームを塗ったり、朝に制汗スプレーをつけたり、仕事中や学校でも汗拭きシートでワキをきれいにしても、まだ気になってしまう時、手術も選択肢のひとつとして考えてみてもいいのかもしれません。

ワキガは完全によくならない?

ワキガは、体質なので、自然に治ることはありません。クリームや制汗剤を使ってその場しのぎの対策をしていると、根本的な解決方法にはなりません。

自然治癒力は効果なしで、ワキガに効果的な食べ物やクリームもありますが、一時的なもの。お肉を中心に食べたり、クリームを塗り忘れたりするとワキガ臭はしてしまいます。ただ、唯一、脱毛やワキガ手術をすることで、ワキガ原因となる悩みを完全に治すことができたりします。

ワキガ手術では、キズも小さい方法があり、身体に負担が少ない方法を選べば入院もしなくていいです。ずっとクリームや制汗剤のためにお金を払って毎日対策をするも、手術や脱毛をすることで治療しようと考える人も多くなってきました。

直視下摘除法に皮膚切除法など何がいい?

ワキガ手術は非常に多く、何がいいのかわからないことが多いです。

直視下摘除法……
皮膚を4センチほど切開して、アポクリン汗腺を取り除きます。直接切開するため、完治率が高くなります。効果も高いものの、アポクリン汗腺を見つける経験と知識がいります。

皮膚切除法……
ワキの下にある汗腺、毛根などを切り取ります。ただ、直視下摘除法と比較すると傷が大きくなってしまうのであまり行われていません。

超音波法……
超音波を使い、血管、神経をよけて汗腺だけを吸引します。術後の皮膚壊死がないため注目されていたものの、やけどの報告、超音波の熱が皮膚ダメージを与えることもあるため、現在では別の方法を取っている医師も多いです。

ローラーシェービング法……
汗腺を取るための機械を使って、皮膚の裏側から汗腺を除く手術です。直視下摘除法は直接目で見て取ることができるのに対し、こちらは見ないで取ります。手術時間が短くなるものの、効果は直視下摘除法の方が高いです。

麻酔の技術も発達し、現代では日帰りで手術ができることからハードルが低くなってきました。ワキガ手術は、医師の技術によって効果のあるなしが決まります。直視下摘除法が広く取り入れられていますが、この方法でもアポクリン汗腺をきちんと取り除ければ効果あり、取り除けていなければ効果なしになります。

ワキガは冬こそ対策を!汗の性質からケアすべきタイミングが見えてきた

ワキガの人は、夏のみのケアをしている場合もあります。しかし、夏よりも冬の方がワキガ対策のケアをしなくてはいけないことが多い事実に気付いていません。

ワキガの人が夏しか対策しない理由は?

体臭は自分の第一印象にも影響するので、営業職や販売職など人と接する機会が多い人はしっかりと対策していきたいものです。嗅覚は、感情、記憶をつかさどる大脳辺縁系に直接入っていきます。そのため、相手のにおいは印象に残りやすく強く記憶に残りやすいです。

自分自身の体臭が気になる自臭症も問題ですが、汗をかく季節は夏だけと思い込んでいるとワキガはよくなりません。冬にはドラッグストアのワキ汗対策製品の数が少なくなるため、体臭ケアをしていない人も増えています。

しかし、ワキガ症状は冬の方がにおいが強いデータもあります。その理由はどうしてななのでしょうか。

冬の方がワキガのニオイが強くなる!

汗が出る汗腺は、血管から血液をくみとり汗を作り出す仕事を行っています。機能が高い汗腺だと血液中のミネラル、アンモニアを血管に再吸収させることができます。そうすると、水のような汗になりニオイは気になりにくいです。しかし、機能が衰えていると再吸収ができないため、血液に近い濃度の高い汗になり、ミネラル、アンモニアといったにおい成分が多い汗になります。

ワキガの人は、血液に近い濃度の汗であることがわかります。

冬は、汗腺を比較的使わない時期です。そのため、ふだんから汗をかかないため、においが強くなりやすいです。実際に調査した結果でも、冬の汗はナトリウム量が夏よりも高くなっていて、常在菌が発生しやすい状況になっています。そのため、においが強くなるのに対策を全くしていないと問題で、ワキガと勘違いされてしまうケースもあります。

冬は厄介!「精神性発汗」とは何?

最近では、外は寒いのに室内は暖かい現象が起こっていて、駅構内やデパートやショッピングセンターのような商業施設、学校や大学、企業内では必要以上に温かいため、洋服の調整が難しいことがあります。そんな時に汗をよけいにかいてしまうことで、においを放出していたら……。ワキガじゃなくても、においの強い汗が発生してしまう冬こそ、ケアをしなくてはいけないことがわかるでしょうか。

夏は、体温が高くなると出る「温熱性発汗」が多いものの、冬はストレスなどの汗が多くなり、わきなど部分的に汗をかく人が増え「精神性発汗」と呼ばれます。精神性発汗では短時間でたくさんの汗が出やすいです。精神性発汗はアポクリン腺が多いわき下からの汗であることが多く、急にたくさん出る為、においも強烈です。自分の汗のにおいが気になると、どうしてもまた汗をかいてしまい強くなってしまいます。

もちろん、汗をかかないことも問題ですが、冬こそ対策をしないといけないことを認識し、対策をしましょう。

自臭症かも?ワキガかどうかは医師に相談を!

ワキガかどうか判断するのは、自分自身ではなく、友人でもなく、専門医です。学校で、人から「ワキガだ」と言われたからといって「そうなんだ」と感じるのは、「自臭症」といわれる病気の可能性があります。

あまり知られていない言葉ですが、自臭症はどのような状態なのでしょうか。

自臭症とは何?精神的な病の可能性も……

自臭症は、別名「自己臭症」とも言われます。精神的な病気であり、周囲の状況に敏感な人がなりやすい病気です。

相手の反応に過剰に敏感になってしまうことで、もしかすると自分自身がくさいのではないか、自分自身がワキガではないかと感じてしまうことです。

(自臭症の主なケース)
・体臭をいじめの原因にされた
・ニオイがくさいと言われた
・自分のワキ汗が多いと感じる
・ワキ臭の対策方法を悩んでいる

誰でも無臭ではないので、汗の対策を怠っているとニオイはします。ニオイがしたからといってワキガではないことも多く、ケアすることで改善することも多いです。

そのため、わきが対策をする前に、自分自身がワキガかどうか医療機関を受診することも考えてみましょう。自分自身がワキガだと思っていても、実はただ単に汗をかいてにおっているだけでワキガの症状とは違っていることもあります。判断材料のひとつとして、医療機関を受けてみるのです。

医療機関でのワキガ対策法は?

ワキガと診断してもらうだけでも構いません。通販でワキガ対策クリームを購入して使うこともできます。また、医療機関に通い、ワキガの症状を抑える処置をしてもらうこともできます。

医療機関でワキガを対策する時には、内服薬、注射で治療を行います。汗の量を調整することでニオイを予防します。ただし、副作用もあるので医師からの処方をよく読み、使用方法がある場合はきちんと守りましょう。

・内服薬
飲む薬、内服薬として処方されやすいのは、臭化プロバンテリンと呼ばれる成分で、汗を出にくくする効果があります。抗コリン剤で、アセチルコリンの分泌をコントロールします。汗の量が少なくなるため、ワキガのニオイ対策になります。

・湿布
塩化アンミニウムの湿布をすることで、汗を抑える効果があります。収れん作用もあるため、皮膚をひきしめてくれます。

・ボトックス注射
美容皮膚科ではボトックス注射を使うこともあります。アポクリン腺をマヒさせることで、汗、においを抑えることもできます。

悩んでいるのなら、自分1人で抱え込まずに専門医に相談してみるところからはじめてみましょう。もしかすると考えすぎなのかもしれません。

ワキガだとわかったら!対策にクリームを選んでみよう

ワキガだと判断されたら、専用製品を使うべきなのでしょうか。ドラッグストアには取り扱いがあまりなく、クチコミ評価でしか判断できないワキガ製品は使う時に不安に感じることもあります。

ワキガは体質ですが周囲の人からすると悪印象になってしまったりよくありません。アポクリン汗腺の細菌が分解されてしまい、独特のワキガ臭をうみだします。たんぱく質、皮脂など雑菌が増えてしまうことでニオイをより強くします。

アポクリン汗腺はフェロモンのような性的な香り物質を含んでいるため、市販のワキ用の制汗剤では効果がありません。代謝がよくて汗をかきやすいことで起こり、遺伝が原因のこともあります。食事はお肉を控え、皮脂やたんぱく質量を排出しにくい食事を摂ります。また、ワキ毛の処理をエステサロンで行ったり、洗濯方法を変えてみたりすることも一つの選択ですが、専用ケア製品を使うことも考えてみましょう。

ワキガ対策クリームの選び方は?

クリームを選ぶ時に注意したいことは

・制汗成分がきちんと入っているか
成分を見て、汗のにおいを抑える成分が入っているかを注意してみてみましょう。

・雑菌の繁殖を抑えるか
「殺菌効果」や「抗菌作用」と書かれている製品を選びます。

・価格は適正かどうか
ワキガ対策製品を使ったからといって体質が変わるわけではないので、定期購入コースがあるかもチェックする必要があります。

・普段から使いやすいか
クリームはチューブに入っている製品も多いです。持ち歩いて使えるのなら、会社勤めをしている人でも利用することができます。

ワキガ対策にノアンデはどう?ノアンデとは?

ノアンデは、ワキガ対策製品です。有名商品なのでいいクチコミもありますが、通販商品なので自分に合っているか不安に感じる人も多いことでしょう。

本当に安全な商品かどうかについて、 ノアンデの副作用がとても参考になります。

”お子様からお年寄りまで、充分に留意して開発しています。””肌への刺激も少ない””無添加、天然成分配合”と書いてあり、妊娠中の女性は専門医に相談して使用する必要がありますが、お年寄りや子供まで幅広い年齢の人に使ってもらえます。また、医薬部外品で効果もあり、肌荒れをしたことがある人にも使ってもらいやすくなっています。

また、ノアンデを定期コースで購入するなら4960円で購入でき、1ヶ月分が5000円予算で買うことができ、予算的にも高すぎないといった口コミが多いです。

洗濯方法はこれでばっちり!ワキガ対策のためにできること

ワキガの人は、ワキ臭をクリームで対策したり、制汗スプレーをふきかけたりするほか、悩みの原因として挙げられることが、汗の匂いが洋服に残ってしまうことです。タオルや洋服の貸し借りをした時に「ワキガがうつる」と言われるのも、衣類などにワキガの匂いが残ってしまうからです。

そこで、自宅でできる洗濯物の洗い方で、ワキガ臭、黄ばみを残さない方法を紹介します。

水の温度は40度!

多くの人は、普段、洗濯する時の水の温度は気になっていない人が多いです。

しかし、洗濯する時の水温で、皮脂汚れが落ちやすいのは40度前後です。水温を40度くらいにするほか、最初に汚れ落としとしてぬるま湯で部分洗いをすることも有効です。お風呂の水を利用して洗ったりなど、工夫してみましょう。

酸素系漂白剤につけおき

ワキガで汚れるのは、ワキの周辺です。部分汚れと同じ原理で洗剤を使ってつけ置きをしておきます。ぬるま湯、40度前後の水を使い、酸素系漂白剤を使うことで黄ばみになりにくくします。

酸素系漂白剤とは……
しみ抜きや除菌に使われる洗剤のことで、漂白効果もあります。過酸化水素水が主な成分で、オキシドールと同じ成分になります。原液をシミに塗り放置しておくことで、シミ汚れや部分汚れに効果があります。殺菌作用もあります。

代表的な酸素系漂白剤
・花王ワイドハイター
・シャボン玉石鹸酸素系漂白剤
・オキシクリーン
・パックスナチュロン酸素系漂白剤
・サラヤ漂白・除菌剤

重曹・セスキ炭酸ソーダでも代用可能

コストコで購入できるオキシクリーンのほか、重曹、セスキ炭酸ソーダといった製品でも代用ができます。ぬるま湯に重曹、セスキ炭酸ソーダの粉を入れて溶かし、そこに衣類をつけこみます。ぬるま湯にしておくといいでしょう。ホームセンターやドラッグストア、ダイソーやセリアといった100均でも購入できます。

クリーニングに行く方法も!

家で洗えないスーツやコートなどはクリーニングに出すことも考えてみましょう。そして、ワキガの匂いが気になるのなら、クリーニングでは、追加料金を払うことで汗ぬきのコースを申し込むことができます。

毎日着ていると汗のにおいが首周辺、わき周辺についたままになってしまいます。クリーニングでは表面的な汚れを落とすことができても衣類の汚れを落とすことは難しいため、特別コースの汗ぬきをしてもらうようにします。

Yシャツやポロシャツといった肌に触れる洋服だけでなく、スーツやコートも毎日着ていることでニオイ汚れがついてしまいます。自宅で洗えない衣類もクリーニングでニオイ対策をしてみましょう。