ワキガ対策で完治させたいなら!手術が一番なの?

ワキガで悩んでいる人は、対策方法は何でも取り入れたけれどよくならないと悩んでいる場合もあります。夜にクリームを塗ったり、朝に制汗スプレーをつけたり、仕事中や学校でも汗拭きシートでワキをきれいにしても、まだ気になってしまう時、手術も選択肢のひとつとして考えてみてもいいのかもしれません。

ワキガは完全によくならない?

ワキガは、体質なので、自然に治ることはありません。クリームや制汗剤を使ってその場しのぎの対策をしていると、根本的な解決方法にはなりません。

自然治癒力は効果なしで、ワキガに効果的な食べ物やクリームもありますが、一時的なもの。お肉を中心に食べたり、クリームを塗り忘れたりするとワキガ臭はしてしまいます。ただ、唯一、脱毛やワキガ手術をすることで、ワキガ原因となる悩みを完全に治すことができたりします。

ワキガ手術では、キズも小さい方法があり、身体に負担が少ない方法を選べば入院もしなくていいです。ずっとクリームや制汗剤のためにお金を払って毎日対策をするも、手術や脱毛をすることで治療しようと考える人も多くなってきました。

直視下摘除法に皮膚切除法など何がいい?

ワキガ手術は非常に多く、何がいいのかわからないことが多いです。

直視下摘除法……
皮膚を4センチほど切開して、アポクリン汗腺を取り除きます。直接切開するため、完治率が高くなります。効果も高いものの、アポクリン汗腺を見つける経験と知識がいります。

皮膚切除法……
ワキの下にある汗腺、毛根などを切り取ります。ただ、直視下摘除法と比較すると傷が大きくなってしまうのであまり行われていません。

超音波法……
超音波を使い、血管、神経をよけて汗腺だけを吸引します。術後の皮膚壊死がないため注目されていたものの、やけどの報告、超音波の熱が皮膚ダメージを与えることもあるため、現在では別の方法を取っている医師も多いです。

ローラーシェービング法……
汗腺を取るための機械を使って、皮膚の裏側から汗腺を除く手術です。直視下摘除法は直接目で見て取ることができるのに対し、こちらは見ないで取ります。手術時間が短くなるものの、効果は直視下摘除法の方が高いです。

麻酔の技術も発達し、現代では日帰りで手術ができることからハードルが低くなってきました。ワキガ手術は、医師の技術によって効果のあるなしが決まります。直視下摘除法が広く取り入れられていますが、この方法でもアポクリン汗腺をきちんと取り除ければ効果あり、取り除けていなければ効果なしになります。