ワキガは冬こそ対策を!汗の性質からケアすべきタイミングが見えてきた

ワキガの人は、夏のみのケアをしている場合もあります。しかし、夏よりも冬の方がワキガ対策のケアをしなくてはいけないことが多い事実に気付いていません。

ワキガの人が夏しか対策しない理由は?

体臭は自分の第一印象にも影響するので、営業職や販売職など人と接する機会が多い人はしっかりと対策していきたいものです。嗅覚は、感情、記憶をつかさどる大脳辺縁系に直接入っていきます。そのため、相手のにおいは印象に残りやすく強く記憶に残りやすいです。

自分自身の体臭が気になる自臭症も問題ですが、汗をかく季節は夏だけと思い込んでいるとワキガはよくなりません。冬にはドラッグストアのワキ汗対策製品の数が少なくなるため、体臭ケアをしていない人も増えています。

しかし、ワキガ症状は冬の方がにおいが強いデータもあります。その理由はどうしてななのでしょうか。

冬の方がワキガのニオイが強くなる!

汗が出る汗腺は、血管から血液をくみとり汗を作り出す仕事を行っています。機能が高い汗腺だと血液中のミネラル、アンモニアを血管に再吸収させることができます。そうすると、水のような汗になりニオイは気になりにくいです。しかし、機能が衰えていると再吸収ができないため、血液に近い濃度の高い汗になり、ミネラル、アンモニアといったにおい成分が多い汗になります。

ワキガの人は、血液に近い濃度の汗であることがわかります。

冬は、汗腺を比較的使わない時期です。そのため、ふだんから汗をかかないため、においが強くなりやすいです。実際に調査した結果でも、冬の汗はナトリウム量が夏よりも高くなっていて、常在菌が発生しやすい状況になっています。そのため、においが強くなるのに対策を全くしていないと問題で、ワキガと勘違いされてしまうケースもあります。

冬は厄介!「精神性発汗」とは何?

最近では、外は寒いのに室内は暖かい現象が起こっていて、駅構内やデパートやショッピングセンターのような商業施設、学校や大学、企業内では必要以上に温かいため、洋服の調整が難しいことがあります。そんな時に汗をよけいにかいてしまうことで、においを放出していたら……。ワキガじゃなくても、においの強い汗が発生してしまう冬こそ、ケアをしなくてはいけないことがわかるでしょうか。

夏は、体温が高くなると出る「温熱性発汗」が多いものの、冬はストレスなどの汗が多くなり、わきなど部分的に汗をかく人が増え「精神性発汗」と呼ばれます。精神性発汗では短時間でたくさんの汗が出やすいです。精神性発汗はアポクリン腺が多いわき下からの汗であることが多く、急にたくさん出る為、においも強烈です。自分の汗のにおいが気になると、どうしてもまた汗をかいてしまい強くなってしまいます。

もちろん、汗をかかないことも問題ですが、冬こそ対策をしないといけないことを認識し、対策をしましょう。