洗濯方法はこれでばっちり!ワキガ対策のためにできること

ワキガの人は、ワキ臭をクリームで対策したり、制汗スプレーをふきかけたりするほか、悩みの原因として挙げられることが、汗の匂いが洋服に残ってしまうことです。タオルや洋服の貸し借りをした時に「ワキガがうつる」と言われるのも、衣類などにワキガの匂いが残ってしまうからです。

そこで、自宅でできる洗濯物の洗い方で、ワキガ臭、黄ばみを残さない方法を紹介します。

水の温度は40度!

多くの人は、普段、洗濯する時の水の温度は気になっていない人が多いです。

しかし、洗濯する時の水温で、皮脂汚れが落ちやすいのは40度前後です。水温を40度くらいにするほか、最初に汚れ落としとしてぬるま湯で部分洗いをすることも有効です。お風呂の水を利用して洗ったりなど、工夫してみましょう。

酸素系漂白剤につけおき

ワキガで汚れるのは、ワキの周辺です。部分汚れと同じ原理で洗剤を使ってつけ置きをしておきます。ぬるま湯、40度前後の水を使い、酸素系漂白剤を使うことで黄ばみになりにくくします。

酸素系漂白剤とは……
しみ抜きや除菌に使われる洗剤のことで、漂白効果もあります。過酸化水素水が主な成分で、オキシドールと同じ成分になります。原液をシミに塗り放置しておくことで、シミ汚れや部分汚れに効果があります。殺菌作用もあります。

代表的な酸素系漂白剤
・花王ワイドハイター
・シャボン玉石鹸酸素系漂白剤
・オキシクリーン
・パックスナチュロン酸素系漂白剤
・サラヤ漂白・除菌剤

重曹・セスキ炭酸ソーダでも代用可能

コストコで購入できるオキシクリーンのほか、重曹、セスキ炭酸ソーダといった製品でも代用ができます。ぬるま湯に重曹、セスキ炭酸ソーダの粉を入れて溶かし、そこに衣類をつけこみます。ぬるま湯にしておくといいでしょう。ホームセンターやドラッグストア、ダイソーやセリアといった100均でも購入できます。

クリーニングに行く方法も!

家で洗えないスーツやコートなどはクリーニングに出すことも考えてみましょう。そして、ワキガの匂いが気になるのなら、クリーニングでは、追加料金を払うことで汗ぬきのコースを申し込むことができます。

毎日着ていると汗のにおいが首周辺、わき周辺についたままになってしまいます。クリーニングでは表面的な汚れを落とすことができても衣類の汚れを落とすことは難しいため、特別コースの汗ぬきをしてもらうようにします。

Yシャツやポロシャツといった肌に触れる洋服だけでなく、スーツやコートも毎日着ていることでニオイ汚れがついてしまいます。自宅で洗えない衣類もクリーニングでニオイ対策をしてみましょう。