ワキガはうつるのか?匂い対策として何ができる?

「ワキガはうつる」と言われていますが、本当でしょうか。結論から言うと、ワキガはうつりません。冬の時期に風邪やインフルエンザ、肺炎、溶連菌、水ぼうそう、結核などウイルス性の病気だと、うつることがあるのでワキガも同じかと思ってしまいがちですが、そうではありません。

ワキガはうつらない!安心して!

ワキガがうつる説は、昔から指摘されています。

ワキガの人のニオイが気になってしまうと、タオルを貸し借りする時、体温計の共有の時、スポーツのゼッケンを共有する時などちょっとしたことが気になったりするものです。

脇の下の汗が独特の香りを放つワキガは、病気ではありません。遺伝による体質によるものです。そのため、ワキガは他の人には移りません。

ワキガのニオイ原因はアポクリン腺と呼ばれる汗腺です。この量が生まれつき多いとワキガになりやすいです。アポクリン腺の皮脂量は遺伝子によって決定されているので、接触感染は行われず、日常生活でも増えたり減ったりすることはありません。ワキガの人が汗をふいて、そのタオルで汗をふいてもアポクリン汗腺の量がうつることは0%なので安心しましょう。

ワキガ体質の人、違う人は、汗の量、皮脂量も違います。よく、ワキ汗臭のことをニオイ菌と言ったりしますが、肌についても菌は繁殖しません。つまり、ワキガは感染しないので、肌を触れ合っても大丈夫です。

ワキガがうつると感じる原因は…… 

ワキガがうつったと感じるのは、ワキガの人が使ったタオルや衣類にニオイが既に付着していて、自分自身も体臭が気になることが原因です。ついた汗のにおいが取れていないので起こります。

ワキガのニオイは、普通の洗濯では落ちないことがあります。ニオイを対策したい場合は、原因の汗、皮脂を分解できる洗濯洗剤を購入する必要があります。酵素や消臭能力が強い洗濯洗剤を使うことで、対策ができます。

ただ、肌、衣類についた菌をこまめに洗い流すことでにおいは薄くなっていきます。

突然ワキガになってしまうことも!

これまで気になっていない人が、突然、ワキガ症状になってしまったということもあります。

遺伝で体質を引き継いで、アポクリン汗腺が多い体質の人でも全ての人がワキガにはなりません。汗をかきにくい生活をしていると、自分自身がワキガじゃないと思っている人もいます。

発症する時は個人差もあります。どのタイミングでワキガになるかはわかりません。逆に汗をかいて自分自身がにおっていると感じてしまうこともあり、ワキガではないのに勘違いしていることもあります。