脱毛でワキガが軽減?アポクリン腺とエクリン汗腺の違いとは……

ワキ脱毛でワキガは治るといった口コミを見かけます。例えば、クリニックで医療レーザー脱毛をしたり、エステサロン脱毛をすることでワキガが治ったという口コミです。

脱毛するだけでワキガ治療になるかどうかわからないと思うのですが、実際のところはどうなのでしょうか。

脱毛して必ずしもワキガが治療できるわけではない!

脱毛について調べると、脱毛することで

・汗の量が増えた
・ワキガは変わらない
・ワキガ臭が強い

など逆の意見もあります。

ワキガを改善するためにお金を払うので、実際に効果があるかないかを知りたいものです。ワキの脱毛で効果的と言われている理由は、原因になる菌が繁殖するワキ毛をなくすことで、雑菌の繁殖をおさえることができるからです。ワキガ手術をする前に、まずは脱毛に通うことで、雑菌が繁殖しやすい部位を清潔に保つことができます。

ワキガについての基礎知識

ワキガは腋臭症(えきしゅうしょう)と呼ばれる症状です。人間は生活していると汗をかきます。一般的な汗の香りとは違い、ワキガ症状だと独特の香りがして、通常の汗の香りとは違うものです。

(ワキガ症状の汗の香り)
・えんぴつの芯に似ている
・クミンと呼ばれる香辛料に似ている
・たまねぎのよう
・雑巾のような香り

自分自身ではあまり気づかないかもしれませんが、皮膚科などで診断してもらったり、友人や家族から汗のニオイが違うと指摘された場合はワキガの可能性もあります。

2つの汗腺が違う!雑菌が繁殖しやすいのは……

まず、わきには2つの汗腺があります。それが、アポクリン腺とエクリン汗腺です。

・アポクリン線……
ワキガと強い関係にあるもので、生殖機能が発達する時に活性化し、塩分が含まれない部分なので脂質や糖類が多く、雑菌が繁殖しやすくなります。

・エクリン汗腺……
エクリン腺からの水分が汗になり、塩分を多く含みます。栄養素が含まれていて雑菌は繁殖しにくいです。

アポクリン腺からの汗はたんぱく質、アンモニア、脂質、鉄分を含んで白っぽいです。アポクリン腺からの汗自体はニオイはありませんが、雑菌が繁殖しやすいのでニオイの原因になりやすいです。アポクリン腺にはワキ以外に耳、陰毛、乳首周囲、肛門にも存在し、ワキ以外の汗はニオイがないとされています。ワキガ手術では、このアポクリン腺を切除します。

その一方でエクリン腺から分泌される汗は塩分、尿素、アンモニアが含まれていて雑菌は繁殖しにくくなっています。多汗症になるのがエクリン腺で、肥満体質の人は注意する必要があります。

脱毛をすることで、ワキの部分に雑菌を繁殖させにくくしてニオイを軽減させます。