自分自身がワキガかチェックリストで確認!あてはまってる?

ワキガは、自分では気づきにくく、人からも指摘をされにくいです。そのため、気づくのが遅くなることが難しい点です。人間は無臭ではありません。

無臭の人間はいない!生活していると何かニオイは放っている

人間の体からは、何かしらのニオイは放っています。ワキだけに限らず、

・汗のにおい
・口臭
・頭皮臭
・足臭
・加齢臭
・老人臭
・タバコ臭

があります。知らないうちに周囲にニオイを発散させています。嗅覚がするどい人は、ニオイに対して敏感で、そこまで感じない人もいます。

また、上記以外に焼肉やパスタなどにんにくを使った料理が洋服についてニオイを発生させることもあります。そのため「自分はワキガじゃないか」と自分自身のニオイを気にしすぎてしまうとよくありません。

現代人の中には潔癖傾向な人もいて、人間は無臭じゃないといけないと思いがちですが、ニオイを気にしすぎてしまうことで「体臭恐怖症」と呼ばれる精神的な病気になってしまうこともあります。気になるようならチェック項目を確認したり、医師に相談することで、自分がワキガかどうか判断しておきたいものです。

ワキガかどうかチェックするポイントは?

ワキガかどうか、下記項目でチェックしてみましょう。以下のチェックポイントに当てはまる項目が多いほどワキガである可能性が高くなります。

・汗をかくと黄色い汗じみがつく
・耳あかはウェットタイプで湿っている
・両親がワキガ、どちらかがワキガ
・毛深い方だと思う
・脂性肌だ
・ストレスが多いと感じる
・野菜よりも肉をよく食べることが多い
・脂っこい食事が多い
・お酒やたばこをたしなむ
・脱いだ靴下、靴がくさいと思う
・汗をよくかく方だ
・緊張したりすると汗をかく

これらに当てはまる要素が多いほどワキガですが、素人判断でワキガなのかどうかは見極めが難しいところがあります。理由は、単なる汗臭さとワキガは違うからです。

ワキガを診断してもらうなら何科がいい?

ワキガかどうか診療してもらうときに迷うのは何科で診察してもらうかです。診断してもらった後にどうしたいかにもよりますが、わきがは汗腺が原因のため、

・形成外科
・美容形成外科
・皮膚科
・美容外科

で診断を受けることができます。総合病院でも皮膚科がある病院であれば診断を受けることができます。

わきがと診断された後は、科によって、

・手術
・レーザー治療
・ボトックス注射
・レーザー脱毛

をすすめられます。自己治療だとワキガ専用の塗り薬を使用して治療することもでき、単にワキガと診断してもらうだけもできます。